前へ
次へ

適量をしっかり肌に浸透させること

スペシャルケアは、年齢を重ねた肌にこそ必要です。
乾燥肌に移行する衰えた肌、今まで同様のスキンケアでは手応えは期待できないでしょう。
濃厚・濃密など、美容のキーワードには「濃」が付き物です。
もっちり肌に導くスペシャルケア、始めるなら早いに超したことはありません。
潤いが逃げやすい肌だから、洗顔後はすぐに潤いを補給してあげましょう。
トロッとしたテクスチャーの化粧水、浸透させるにもたっぷりつける、こうした適量を超えた量を肌にのせたところで、乾燥する冬の時期は蒸発する方が早く、顔より手のひらに浸透してしまうことも少なくありません。
手のひらで押し込むように、美容部員からそうアドバイスもあるようですが、それは、初めて使う基礎化粧品の優秀さを知るための謳い文句です。
フタの役割となる美容液の成分を行き渡らせるために最後のステップで手のひら浸透を行うことが望ましいともいわれています。
手のひらは、優秀な肌変化を探るためのセンサーです。
変化を感じるためには、容器に記載されている使い方ガイドをしっかり確認しましょう。

Page Top